この時期になるとBINDINGの修理依頼が非常に多いです。
特に5年以上前に購入したBINDINGのストラップが切れた。
という修理の依頼が凄く多い・・・。
BURTONは基本的に修理の際も保証書の提示が必要となり、
保証書がなければ修理の受付もできません。
また、仮に修理が可能でも、
モデルが古すぎるとそれにあうパーツの在庫がない。という事もよくあります。
ストラップの根元は5年以上たつと経年劣化により、
切れる可能性が非常に高くなってきます。
10年以上前のものはもうかなり危険な状態です。
リフトで山頂に上がって、
よし!滑ろう!!とビンディングを締めたとたんストラップが切れた。
そうなるとまたリフトで降りてこなくてはならない事になります。
それならまだいいのですが、
滑ってる途中にバチンっと切れると・・・。
それはそれはかなり危険です。
そうならない為にも、
5年以上使用しているBINDINGは、そろそろ新しいモデルに買い換えることをオススメします。
ギアを買い換えることで、
滑りやすさもかなり良くなりますしね。
特にBINDINGは大きく変わります。
昔のBINDINGは丸いディスクで板に固定します。

このかたいディスクがあることで、
板のフレックスを邪魔してしまい、従来の板のフレックスがしっかりと
だせなくなってしまいます。

それが、
BURTONの2点止めのESTや、
また柔らかいディスクを搭載したREFLEXを使用するだけで
板が驚くほど柔らかく使えるようになります。
EST


REFLEX


BURTONのBINDINGは今全てのモデルがこの2種類になっています。※キッズは除く
BURTONの板専用のEST。
BURTON以外の板にも使えるREFLEX。
上記の違いを体感できるテストBINDIGNは
A-BONYの店内にていつでもお試しできるようになっていますので
ご来店いただいた時に、是非この違いを体感して下さい。
ホント、びっくりしますよ!!
BINDINGは楽天、YAHOOショッピングでも販売中です。
遠方の方は是非コチラからご注文お願いします。
楽天ショップ BURTON BINDINGコーナー →コチラ
YAHOOショッピング BURTON BINDINGコーナー →コチラ
さてさて、
先日高鷲にて開催されたDRAGON DDS。
その時の動画がアップされました。

優勝した亮のライディングが見れます。
是非チェックしてみてください。
明日は高鷲でパイプの大会です。
なので、ワタクシは店頭を留守にさせていただきます。
久しぶりの大会。
緊張する~~~~。
STAFFヒロキ
今年パイプ全然入ってない。。。ヤバ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。