2019-20 “ASHRAM GLOVES”入荷!

今シーズンよりお取り扱いを復活させた“ASHRAM GLOVES”が入荷しております。

独特な形状や高い防水性を誇る生地”GORE-TEX”の使用、ストリートブランドなどに見られるトレンド性の高いデザインが持ち味。スノーボード以外でも普段からストリートファッションなどが好きな僕としては以前からA-BONYでも取り扱いたいと考えており、この度念願叶って今シーズンよりまたA-BONYでも店頭に並べることができました。

新進気鋭のブランドというわけではなく、むしろ知っている方も多い老舗ブランドではありますが、単純なかっこよさだけではない日本ブランドならではの機能面の高さにも惚れていただきたいブランドです。


“ARMA”

COLOR : BLACK

COLOR : WHITE

中綿を多く使い、綿がずれにくいように表面はキルティングしてあるので保温性もよりアップしています。

生地には防水透湿素材”GORE-TEX”を使用し、グローブとしての機能は十二分に満たしています。

ストリートファッショントレンドを意識したロゴはリフレクター仕様、シューレースのようなプラーがアクセントです。


“M.O.L.L.E”

COLOR : BLACK

COLOR : OLIVE

展示会場でSTAFFヒロユキはこちらの”M.O.L.L.E”に完全に一目ぼれをしました。
左右非対称のデザイン、最大の魅力は左の甲の部分。

ジッパーを開けてマジックテープを開ければ、ICリフト券を入れるのに最適なポケットに。
スキー場によってタッチする機械がリフトゲートの右にあったり左にあったり、高さもバラバラなのでグローブに入っていれば簡単に通ることが出来ます。
僕は少し前までグローブのベンチレーション部分に無理矢理リフト券をねじ込んで使っていたりしたので、専用のポケットとしてこれが付くのはこれまでの罪悪感が無くなって非常に有難いです。

ちなみに右手のセンタージッパーは開けばベンチレーションに。

こちらももちろん生地は”GORE-TEX”、安心です。

手首の部分には調節に必要なベルト。しっかりと締め上げれば手首から雪が浸入するのを防げます。

表面も手の平も擦り切れ等に強いタフな生地を使用しています。


“POD”

COLOR : BLACK

ロゴによる主張が最も少なく、ウェアを選ばず合わせやすいデザインが男女共に使いやすいグローブです。

オーバーミトンタイプなのでウェアやパーカーの上から被せて絞れば雪の侵入を大きく防げます。
もちろん絞ってから上に袖をかぶせてもOKです。

一部牛革を使用し、経年変化を楽しむこともできるグローブです。あ、もちろん”GORE-TEX”です。


耐久性や機能性が高く、デザインも気に入ったものが見つかれば毎シーズン買い替えるものではないのがグローブ。逆に下手なものを値段だけで買ってしまうと、結局すぐ染みてきたりして毎シーズン買い替えることになってしまうことにも。

直接肌に触れるギア選びを失敗するとスノーボードの楽しさを大きく損ないかねないので、慎重に選んで楽しいスノーボードライフを満喫しましょう!

STAFF ヒロユキ

この前の水曜日はS君にお誘いいただき初めてのナイター券での羽島へ!
2時間滑れて¥2,000はデカい。

Scroll to top