BURTONブーツの選び方《サイズ編》

『これからスノーボードを始めたい!』
『今年は板・ブーツ・ビンディングの3点セットを揃えたい!』

など、毎年多くの方が初めてのギア選びをしにA-BONYに来てくださいます。

そしてその中でも多くの方が『まずは板から選びたいです!』とおっしゃいます。

ですが個人的には絶対にブーツから選ぶことをおすすめします。

○ブーツから選んだほうがいい理由

理由は、板・ブーツ・ビンディングの3つのギアの中で最も重要なギアがブーツだからです。

いくら良い板に乗っていても、いくら良いビンディングを使っていても、ブーツが足に合わなくて足を痛めてしまったらそれでその日のライディングは終了。消化不良のまま帰らないといけません。

なので唯一直接体に触れるギアであるブーツというのは、特に慎重に自分に合うものを選ばないといけないんです。

ブーツを値段で決めず、履いた感触で選ぶためにも最初に選ぶことで予算を多めにとったりすることも可能になるので、なおさらブーツを最初に決めるのがおすすめなんです!

○BURTONブーツの特徴

BURTONブーツのインナーは、使っていくうちにその人の足型に形を変えていくインナーを使っています。

インナー内で足が当たっている部分が形を変えていき、自分の足型に変わっていきます。
ですので慣れるまでには少し日数を要しますが、その先にはオリジナルの自分だけのインナーが待っています。

ということで、BURTONブーツにおけるベストサイズの選び方とは、【ブーツを履いたまま直立をして、つま先が少し触れる程度のサイズ】となります。

使っていくと確実に中のサイズが大きくなります。
慣れるころには買ったときの最初の状態から+0.5cm程大きくなっているイメージで大丈夫です。

なので、買う時点でつま先に触れていないサイズの物を選ぶと買った時よりも大きくなりすぎてしまうこともあるのであまりおすすめはしません。

○サイズの選び方

この写真は僕の足の実寸を測った際のものになります。
実寸は約26cm、そのまま点線を追っていくと幅は狭めということになります。

まずはこの自分の足の大きさ、特徴を知ることが最も大事な部分です。
A-BONYでもブーツ選びはまずは実寸を測るところからスタートします。

次に、BURTONではこの実寸に対して約+1cmアップぐらいのサイズを選びます。
ですので僕ですと27cm前後のブーツがベストとなります!

これは先ほど述べたインナーが形を変えていく性質上、+1cmアップぐらいのサイズがちょうどつま先に触れる程度のサイズであることが多いからです。
中にはそれが+0.5cmアップで大丈夫な人もいれば、幅が広くて+1.5cmアップの方もいらっしゃいます。

これでサイズ選びはオーケーです!

ここからブーツの硬さや、行いたいスタイル、フィーリングなどをいろんなモデルと履き比べながら選んでいきます!

では、次にどんなモデルを選べばいいか?
それはまた店頭のブーツラインナップが揃ったあたりに【モデルの選び方編】でご紹介したいと思います!

それでは!

STAFF ヒロユキ

Scroll to top