室内ゲレンデでの効果的なワックス

ココ最近、
室内ゲレンデでもワックスってしたほうが良いですか?
ってよく聞かれます。
もちろん室内ゲレンデでもワックスはした方が良いです。
板が走らないと、キッカーで思うように飛べなかったり、
スピードに乗ってRで遊べなかったりします。
なので、やっぱり室内ゲレンデだろうと、
板は走るにこしたことはないかと思います。
で、どんなワックスをしたらよいか。
僕は基本的にガリウムのVIOLETで問題ないかと思います。
VIOLET200 ¥2,100(税別)

これを塗っておけば、
まぁ、SNOVAでも御坂でもそれなりに走ります。
もちろんHOT WAXですよ?
で、
更に板をシッカリと走らせたいという方にオススメなのがこれ。
・G-コールドパウダー ¥1,500(税別)

使い方はいつも通り、
クリーニングワックスをしてから、ベースワックスをします。
ベースワックスをスクレーパーで剥がしてからブラッシング。
その後に、このパウダーをソール全体的に薄くふりかけます。
で、その上に滑走ワックスをたらします。(ベースワックスでも良いと思います)
次にワクシングペーパーを使用せずに通常通りアイロンでワックスを伸ばす。
その後はいつもと同じように
スクレーピングとブラッシングを行なってください。
そうすることで、
ソールに汚れがつきにくいソールとなります。
室内ゲレンデの雪は基本的に汚いです。
なので、汚れがつかない方がソールは走るので、
このワックスが室内ゲレンデは非常に効果的なんです。
もしくはこのワックス。
GRAPHITE ¥1,800(税別)

これも同じようにクリーニングワックスをしてベースまで行ないます。
その後、このワックスをソールに生塗り。
次に滑走ワックスをいつも通り行ないます。
これも先ほどのG-コールドパウダーと同じように
汚れがつきにくいソールとなります。
ちなみに・・。
このGRAPHITEワックスは、
ちょっとした裏技的な使い方もありますので、
気になる方は是非店頭にてお問い合わせください。
この2つのワックスは
サラサラなパウダーの時でも威力を発揮しますので
ハイシーズンでもガンガン使用できます。
室内ゲレンデのワックス。
分からないことがある方は、
是非店頭までお問い合わせくださいね。
もちろん、ホットワックスのやり方がわからないという方には
ホットワックスのやり方も教えますので
是非お気軽にお問い合わせください。
宜しくお願いします。
さてさて、
本日はすーやまセッションでした。

キッズがどんどんうまくなっているようです。
スノーボード業界。
キッズの勢いがハンパない。
ま、それでもぼくらじじぃも懲りずに滑り続けます。
子どもも大人も一緒になって楽しめるスノーボード。
最高ですね。
次回は9月10日。
予定の合う方は是非滑りましょう。
STAFFヒロキ
ワックスさぼったら調子悪くなった・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


先頭に戻る