ゲレンデ端のパウダーにぴったりなボード BURTON BARRACUDA

新年早々各地で雪が降りまくっているようですね。
コースの端っこにはパウダーがバンバン残っているようです。
でも、パウダーに突っ込んでいくと、
ノーズが埋まってでられなくなる。
なんて経験がある方も多いかと思います。
でも、このBURTONのBARRACUDAなら、
ノーズが埋まらないように作られた板なので、
普通の板よりもパウダーが楽に滑れるようになります。
BARRACUDA  ¥74,000 (税抜)


楽天ショップはコチラ
まずセットバックが5cm入っていますので、通常の板よりもノーズが長い。
また、テーパードといってノーズの方が太くなっています。


その為、通常の板よりもノーズの浮力が上がり、
ノーズが浮いてくる設計になっています。
これにプラスして、前足部分からノーズにかけて板がロッカーしているので
更にノーズが埋まらないようになっています。

船も船首部分はそりあがっていますよね??
イメージはそんな感じです。
また、このBARRACUDAはガチガチのパウダーボードとは違い。
ちゃんとテール部分もあるのでピステンバーンでのカービングもちゃんとできますし、
スイッチでも滑る事ができます。
基本、ゲレンデでのフリーラン。
雪が降ればパウダー。
というスタイルでスノーボードを楽しんでいる方。
BURTONのBARRACUDA、
かなりオススメですよ!!!!
さてさて、
今回の寒波でBURTONのレイヤーが売れ始めています。
特に一番暖かいEXPEDITION CREWに人気が集中しています。
・EXPEDITION CREW  ¥6,500 (税抜)

楽天ショップはコチラ
スノーボードはスポーツです。
普段の生活とは違い、いろんな動きをします。
いくら安くて暖かいインナーでも、
その動きについて来れずにお腹がでてしまったり、破れたりしたら
まったくインナーの意味がありません。
スノーボードをするならスノーボード専用のインナーを
着る事をオススメします。
本当に全然違いますよ。
BURTONのインナー、是非一度お試しください。
STAFFヒロキ
僕はインナーはBURTONしか使いません。『病み付き』ってやつです。

4 Comments

  1. てつじん
    2015年1月20日

    BURTONのBARRACUDAはセットバック5cm入っています。パウダーランではバインディング位置をテール側へ変更すれば、もっと浮きやすくなりますか?
    私は基本フリーランですがパウダーも楽しみたいと思っています。

    返信
  2. ヒロキ
    2015年1月20日

    てつじん様>
    バインの位置をテール側へ変更すれば更に浮きやすくなるかと思いますが、バラクーダはノーズの浮いているSロッカーなので、少しテール側に振るだけでも十分ノーズが浮くかと思います。
    是非いろんなセッティングを試してスノーボードをお楽しみください。

    返信
  3. てつじん
    2015年2月6日

    寒がりな者です。EXPEDITION CREWとEXPEDITION 1/4 ZIPはどちらが暖かいですか?
    EXPEDITION CREWは普段着としても活用できそうですね。
    よろしくお願いします。

    返信
  4. ヒロキ
    2015年2月7日

    てつじん様>
    コメントありがとうございます。
    EXPEDITION CREWとEXPEDITION 1/4 ZIPは同じ生地を使用していますので暖かさは同じです。ただ、1/4 ZIPは首元にジップが付いているので、少し暑くなってきた時などにジップを明けることで温度調節が可能になります。是非ご参考ください。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top