相澤 亮

金曜日の夜、SNOVA羽島へ行くけど行くか??
スノーボードがしたい!!という小学生のチビッコだった亮を
始めて滑りに誘ったのは、金曜日の夜の羽島でした。
その時は確か小学校5年生。
他の5年生よりも小さい亮は、
羽島へ行っても毎回毎回キッカーでデコ落ちしてました。
羽島へ行く途中に、今日はなに練習するん?
と聞くとインディーを10回連続で出来るようにする。
っと答えてた亮。
ひたすら羽島で滑って、帰りはいびきをかきながら爆睡。
それからいつの間にかB3ができるようになってきたものの、
やっぱり体の小さい亮は板を走らせることが出来ずデコ落ちを繰り返してました。
亮はなんで飛べやんのやろ?
って質問をなんど受けたことか・・。
それから身体も若干大きくなり・・・、
いろんな方と滑るようになり・・・、
そして、なによりも親のサポートのおかげで、
僕はあっという間に亮に追い抜かれました。笑
それからも彼はグングンうまくなり、
気が付けばYONEXからサポートを受けるまでに・・。
昨年、妹の真央が全日本でプロに昇格。
妹に先を越された亮は
多分悔しい思いをしたかと思います。
そんな亮が、先日高井富士にて行われましたプロ戦で
見事に5位。

一発でプロ資格を得ることが出来ました。
来シーズンから、亮はプロとして活動することになりそうです。
つまり今までよりもレベルの高い所で大会をまわる事になります。
なんで、大変なのはこれから。
同世代には亮よりもうまい選手がまだまだいます。
A-BONYのライダーとして、亮にはまだまだこれからがんばってほしいと思います。
とりあえずプロ資格取得おめでとう。
これからも真央と二人でがんばるんやぞーーー!!

小学生の時、羽島へ連れて行っていた頃に
亮からもらったお礼の手紙。

数年後、これが僕の宝物になることを願っています。
STAFFヒロキ
2年続けてA-BONYからプロが誕生しました。来年は豆の番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top