NASAの技術を足元に BURTON “IMPRINT SOCK”

IMPRINT SPLIT SOCK / IMPRINT ROUND SOCK

スノーボードをする上で実は重要なアイテムである『靴下』。
よく店頭では『寒いから2重履きしています』とか『モコモコの厚い生地の物を使っています』という方がいらっしゃいますが、2重履きは痺れの原因にもなりますし、厚い生地の物は足の感覚を鈍らせ上達の妨げにもなるのであまりオススメしません。

そこでA-BONYが自信を持ってオススメするのがBURTON “IMPRINT SOCK”です。
正直靴下と考えれば安くはない値段ですが、機能がめちゃくちゃ多いんです。

1つは形の違いの説明なので省いたとしても14個の機能が詰まっているんです。
そんな靴下あります?笑

機能があまりにも多いので主要な部分だけ説明します!笑


NASAの為に開発された温度調節素材”Outlast”


IMPRINT SOCKを語るうえで外せない最大の魅力が【体感温度を靴下が自動で調節してくれる】という点。

そんなことを可能にするのが生地に使われている”Outlast”という素材。
もともとNASAの為に開発された最先端の機能素材で、人が快適に感じる体感温度(31℃~33℃)になるようにマイクロカプセルに入ったパラフィンワックス(ホットワックスなどにも使われます)が、暑いときは熱を吸い取り冷やそうと、寒いときは蓄えた熱を放出し暖めようとします。足回りがほんとに快適になります。


疲れを軽減し、パフォーマンスを向上させる足回りのサポート機能


アキレス腱・足首周りのサポート

土踏まずを持ち上げ疲れを軽減。甲はメッシュパネルとなり通気性も確保。地味に足裏の滑り止めもあると便利です。

靴下全体が足を支えるサポーターの役割も果たしており、1日滑り終わった後の足の疲労がほんと変わります。
僕も個人的に使用してますが、昨シーズン1足買って良すぎて今シーズンもう1足買い足しました。
値段だけの効果はありますよ!

STAFF ヒロユキ

来週の火曜は滑りに行こう。

Scroll to top