SALOMON講習会に行ってまいりました!

昨日、スノーヴァ羽島にて「SALOMON講習会」に参加してまいりました。

A-BONYでも少量ながら取り扱いがあることからお招きいただき、みっちり6時間近くお勉強してきました!

板、ビンディング、ブーツ。どれにも他ブランドにはない独自のテクノロジーが盛り込まれているそうで、聞いていてとても楽しい時間をすごせました!

またイロイロとお話聞きたい方、店頭にて話しかけていただければ分かる範囲でお答えしますよ!

最後にはちゃっかり一緒に写真も撮って頂きました、、、恐縮です。

SALOMONライダー、中井孝治氏と

帰りにはお土産もいただきました!

コチラのDVDは急遽、今週末のイベント「Welcome to Winter Campaign」でも配布することになりましたので、欲しい方はSTAFFまでお声がけください!!

過去最多のライダー出演らしく、仕上がりもめちゃめちゃかっこよかったですよ!

少量なので早い者勝ちです!


さて、A-BONYでも17-18モデル【SICKSTICK】の取り扱いがあります。

商品紹介は先日のブログでもありますので、メーカー様からお聞きした補足情報をお伝えしたいと思います。

【テールデザイン】

左が151、右が157です。

レングスの違いによってテールデザインが変わるんです。

特徴といたしましては、

151クイックで機敏な操作性を可能にするために短くラディカル(丸い)なテール形状。
157雪の抵抗を軽減し綺麗なパウダーをスムースにあげるための形状。

と、あります。

メーカー様、試乗されたライダーさんから言わせれば、

 

”乗ってみても違いはわからない”

そうです。笑

長さによってデザインが変わるんだ、ふーんぐらいに思ってもらえば大丈夫です。笑

 

【サイドウォール】

板の横?エッジの部分なんですが、SICKSTICKはサイドウォールが丸くなっています。

左が先シーズンのHUCK KNIFE、右がSICKSTICKです。

写真では分かりにくいかもしれませんが、SICKSTICKのサイドウォールが丸くなっています。

これは、衝撃を分散させるためのものです。

丸いということもあり、がっつりカービングを切りたいというよりは

ゆるくクルージングする板となっております。

 

見た目もシンプルでかっこいいSICKSTICK。

パウダーもフリースタイルも楽しみたい欲張りな方、オススメですよ!

 

STAFF  ヒロユキ

座学なんていつぶりやろ、、、笑

Scroll to top