“BURTON×NEIGHBORHOOD”

1/14に行った『RIDING SESSION』
告知もあまりできていなかったにも関わらず、集まっていただいたみなさま、ありがとうございました!!
1日中天気も良く、パウダーも軽く、最高のコンディションだったのではないでしょうか!
またシーズン中に開催する予定ですので、次回も是非ご参加お願い致します!


”BURTON×NEIGHBORHOOD”

3シーズン目となるコラボ。
モーターサイクル、ミリタリー、アウトドアなどの要素を取り入れ、90年代には『裏原ブーム』の代表的なブランドとしても人気を博した”NEIGHBORHOOD”。
BURTONも最近ではファッションブランドの『SOPHNET』や『OFF-WHITE』ともコラボするなど、スノーボードシーンだけに留まらない姿勢が個人的にめちゃくちゃ好きです。
そんな二つのブランドのコラボアイテムが入荷しておりますのでご紹介いたします。

”NB WEP Jacket”

BLACK

OLIVE

今回のコラボのテーマが”ミルスペック”(軍で使われるような規格)ということもあり、フライトジャケットをモチーフにしたジャケットとなっております。
WEPジャケットと言われる型をモチーフにしており、要所要所にオリジナルを忠実に再現した仕様が見られます。

オリジナルを忠実に再現

袖の内側部分のリブがV型に縫製されています。こうすることで腕の動きを妨げません。ちなみにこの仕様は年式によって形の違うWEPジャケットのある時期にしか採用されていませんでした。

身長172cmの僕でサイズLを着用しておりますが丈が少し短い気がしました。
それもそのはず、このジャケットは海軍に支給されていたフライトジャケットなので動きの妨げにならないようにあえて短くしています。

背面のタグもオリジナルを再現した作りとなっています。

オリジナルにはない仕様

取り外しのできる大きいフードはオリジナルにはついていません。

かぶって街を歩くのは難しそうです。笑。
もとより丈の短いジャケットですがこの大きなフードがあることによって物として見たときに、綺麗にバランスが取れています。

裏地にはBURTONのクラシックロゴを刺しゅうで表現。
コラボならではの仕様です。

そしてインサレーションには『PRIMALOFT』を採用。
こちらはもともと軍の寝袋などに使うように開発された人口の中綿素材のことで、天然の中綿には濡れるとつぶれてしまうという弱点がありますが、プリマロフトは濡れてもつぶれたりしません。
ですのでアウトドアブランドが出しているダウンジャケットやグローブなどにもよく使われています。

生地にはしっかりと撥水も効いていますし現代風にアップデートされたミルスペックなジャケット、めちゃくちゃかっこいいですよ!
他にもロンTやTシャツも出ていますので是非店頭でチェックしてください!

STAFF  ヒロユキ

何年か前のNEIGHBORHOODコラボのスローバックが欲しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。