HOLDEN 18-19モデル 商品紹介

HOLDEN “M’s Outpost Jacket”

耐水圧 10,000mm / 透湿性 10,000g

中綿タイプのジャケットです。
耐水圧は他のものと比べると少なめですが、ゲレンデで滑る分には全く問題ない数値です。
また、中綿はPRIMALOFTと呼ばれる人口羽毛を使用しています。
PRIMALOFTと普通の羽毛の最大の違いは、水に濡れても暖かさをキープできるかというところ。
普通の羽毛は水に濡れると潰れてしまうのが最大の弱点なのですが、PRIMALOFTは化学繊維を使用し、撥水性を持たせてあるので水に濡れても潰れずに暖かさをキープできるんです!

ちなみに、PRIMALOFTは元々、軍の人たちが水辺で使える寝袋のために開発されたんです。こういうエピソードは男の子心をくすぐるものがありますね。


HOLDEN “M’s Scout Anorak Jacket”

耐水圧 20,000mm / 透湿性 20,000g

ジッパーが胸の途中までのアノラックタイプのジャケットです。
アノラックジャケットは個人的にも激推しの商品です。
少し人と違った印象を与えられますし、おなか回りも暖かくて慣れてしまえばめちゃめちゃいい形なんです!

また、生地もマットな質感をしているので普段着として着ても違和感はなさそうです。
オススメです!

これ、ポケットがめちゃめちゃでかいです。
この分厚いスノーボードギアカタログが縦にも横にもすっぽり入るほどなんです。
忍ばせておけば万が一ナイフで刺された時も安心!笑

しかも、中には小さいポケットも付いているので中で小物を分けることも可能です!


HOLDEN “M’s M-51 3-Layer Fishtail Jacket”

耐水圧 20,000mm / 透湿性 20,000g

生地が3レイヤータイプのジャケットです。
3レイヤーとは防水透湿素材を表地と裏地で挟んでラミネートした3層の生地のこと。
そうすることで生地自体が非常に薄くなるので全体的に軽くなる。
こういうジャケットはインナーもしっかり考えて選ぶことで効果を最大限に発揮します。ユ〇クロのインナーじゃだめですよー!笑

また、非常に柔らかい生地を使用しているので、非常に動きやすい。
重いウェアを着ることが煩わしくなってきた人には特におすすめです。


HOLDEN “M’s Hemlock Pant”

耐水圧 20,000mm / 透湿性 20,000g

流行を抑えた切り替えカラーのデザインがいい感じです。
太すぎず、細すぎず。
ちょうどいいシルエットが着る人を選びません。

ジッパーにはAquaguardと呼ばれる止水ファスナーを使っています。
全体のデザイン性を落とさない見た目が◎です。


HOLDEN “M’s 3-Layer Burn Pant”

耐水圧 20,000mm / 透湿性 20,000g

“M’s M-51 3-Layer Fishtail Jacket”と同じ3レイヤータイプのパンツ。
非常に軽く作られています。

写真の赤丸の部分はCORDURAナイロンを使用していますので摩耗や擦れに非常に強い。
BCの際にも安心です。


早期予約は今週末7/29まで!
気になるものがある方はこの機会を逃さないでくださいね!

STAFF ヒロユキ

この時期の冬服の撮影は地獄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。