BURTON BOA ブーツの進化

PHOTON BOA WF
RULER BOA WF
LIMELIGHT BOA WF

今年もこの時期になるとBURTONからの納品がどっさり。

その中でも驚いたのがブーツ。
いや、厳密には驚いたのは今年の2月、今入ってきている商品のオーダーをするための展示会で。
すっかり忘れて新鮮に驚いてしまった、、、

WIDE FITになったんです!!!

あ、ちなみにWIDE FITとは昨シーズンまでのASIAN FITのことです。
呼び方だけ今シーズンから変わりました。

昨シーズンまでは幅広甲高の人は自動的にBOAのブーツを履くことが出来ませんでしたが、BOAの評判が良いからなのか、今シーズンからはWIDE FITのBOAブーツが展開されることとなりました。(ION BOA,SWATH BOAでは展開されておりません。)

たしかにBURTONのBOAは他ブランドにない特徴を多く持っていますので、履きたい人も多いし、勧めたくもなるし、この展開を嫌がる人はいないでしょう!


BURTON “BOA” 特徴①


■ワイヤーではなく〇〇

ご存知の方も多いかとは思いますが、BURTONのBOAは他ブランドと違い、ワイヤーを使わず紐を使った構造になっています。ワイヤーは紐のように加重したときに自然な伸びが一切なく、また劣化すると切れてしまいます。

紐も切れるじゃないか!と思った方、この紐は特別な紐なんです。

この紐はニューイングランドロープと言い、消防士なども使うような非常に頑丈な紐なんです。なので、自然な伸びもあってワイヤーよりもずっと頑丈で非の打ちどころがないんです。

しかも!!
この紐はLIFETIME WARRANTY、生涯保証なんです。
正規店で購入した証明書(保証書)があればいつでも修理・交換対応が受けられるんです。エッジで切ってしまったとかは対象外になるので大切には扱ってくださいね。

ちなみにSPEEDZONEタイプのブーツも同じ紐を使っています。


BURTON “BOA” 特徴②


■特徴的な紐の通し方

LIMELIGHT BOAはシングルBOAの為、普通だとコイラー周りに圧力が一番集中してしまいます。甲周りを締めたいのに先にふくらはぎが締まっていってしまう、なんてことが起こります。

でもさすがBURTON、紐の通し方を工夫することでシングルBOAでもどの部分も均一に締めていけるようになっているんです!細かいところまで着目しているあたりがさすがBURTON。


昨シーズンまでは多くの方がBOAに興味を持っていたのに足が合わなくて断念、、、というパターンが多かった。
でも今シーズンはその心配ありませんよ!

既にこの時期からブーツを見に来られる方も増えてきてます。
ブーツの試着は時間がかかるので、トップシーズンよりも今の時期の方のがゆっくりとサイズ・モデルを選びやすいですよ!お時間空いたときにぜひお越しください!

STAFF ヒロユキ

さーて、今年はどんなギアにしようか?

Scroll to top