バカ騒ぎした、伊勢のイベント

通勤中に眺めていた、ビルの解体現場(萌えたぁ~)

すき家のセロリ牛丼ならペロリと食べれるようになった“セロリ”

ツールド長島と題して、
四日市からピストで行った長島スパーランドのプール&遊園地
(意外と近い!)

スチールドラゴンから見たサンセットは綺麗やったぁ~。

これが、僕のこの夏の思い出ですかねぇ~。
まだ、やりたいことは沢山ありますが!
8月も残り10日。。。
そろそろ、この冬の思い出作りの為に準備をしましょ!
と言う事で、先日ご案内した、AK457のウェアーがオンラインにアップ完了です!
AK457アイテムは、コチラから
今回オンラインにアップしたのは~!
先ずは、AK457と言えばこのジャケット GUIDE JKT!

そして、パンツは、HI-TOP CARGO PANTとCARGO PANT

極寒の地でのライディングに!
レイヤリングの枚数を減らしたい方は!
2L LIGHT DOWN JKT

パンツもジャケットも細かい所まで拘って作りこまれています!
例えば、このブーツゲーター

今までの、ブーツゲーターですと、ただたんにゴムのゲーターでしたので、
ブーツの種類は勿論、ブーツの締め具合等で、ゲーターが被せにくいこともしばし。。。
でも、今回のゲーターは、ゴム+ベルトで調節可能ですので、
従来の物に比べれば、幾分被せやすくなっています!
また、例えば、
裾のジッパー付きのスリット。

今までの、多くのモデルは、足の内側にこのジッパー付きのスリットがありましたが、
今回のスリットは外側に!
これで、アイゼンやスノーシューでジッパーを壊す心配わありません!
また、例えば、ジャケットの袖

BURTONのウェアーの多くは、ドメスブランドには定番の、
ハンドゲーターがありません。
しかし、AK457のJKTは勿論、他の一部のBURTONのジャケットにも今シーズンから、
このタイプのハンドゲーターが搭載されています。
勿論!邪魔な時・不要な方は、袖の中でもスマートに収める事が可能!
あと、肝心なのは、サイズですかね!
参考までに、僕がオンラインでの試着しているサイズは、全て「Mサイズ」
そして、僕の体系は身長179cm 体重 65kg (標準~少し痩せ型)
そして、各アイテムの試着の感想は・・・
GUIDE JKT
Mサイズでも良い感じだが、袖と丈がもう少しあっても良い感じなのと、
パンツ(HI-TOPパンツ)のサイズとのバランスで考えると好みの差で、
Lサイズのフィット感のが好き!
 
2L LIGHT DOWN JKT
GUIDE JKTに比べる、数字の上で着丈等は同じだが、着用すると少し短く感じる。
街のアウターと山での使用が兼用ならMサイズ。
山メインなら、GUIDE JKT同様の理由でLサイズ!
HI-TOP PANT
腰周り・腿の太さは、Mサイズでも良いが、丈がMだと少し短く感じ、
かなり、サスペンダーの部分で調整は出来るものの、
調整の幅を持たすために、僕ならLサイズ!
CARGO PANT
これは、MサイズでOK!
このパンツは、通常BURTONでよく見かける、
ウエストの内側にあるアジャスターが付いていないので、
ウエストが大きいと、ベルト頼みになってしまいます!
あと、注意して頂きたいのは、
JKTのパウダーガードには、パンツとジョイントする為のコレ↓がありますが、

パンツには、コレ↑をつなげる為の物はありません!
尚、GUIDE JKTとHI TOP PANTに関しましては、
僕がLサイズを着用した写真が、各アイテムのオンラインページから、
リンクで見られるようになっていますので、気になる方は、是非チェックして見て下さい!
投稿者:よし!明日こそピスト通勤だ! たかし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。