08 BURTON 展示会 IN 京都 レポ HG編 その1

本日スノーボードの東海大会、スロープスタイルがウィングヒルズで行なわれた
今日この頃、皆さんは如何お過ごしですか?
僕は、喉がやっぱり痛いです!
さて、前文にもあった東海大会のスロープの結果ですが、
A-BONYチームでライダーの村田ユージが
6位入賞で全国大会への切符を手にしました!(パチパチ!)
明後日からは、ハーフパイプの大会が行なわれますので、
そちらも、チーム員の皆さんがんばって下さい!!
では、ココからは京都で行なわれた、
バートンの08モデルのお話しを少し!!

これは、VAPORです!
進化したソール素材滑走性UP!
ベイパースキンカーボンの進化で更なる軽量化・耐久性UPに成功!
グラフィックも
ボタン柄?!で結構カワイイ感じです!

こちらは、T-6!
ビンディングを取り付ける部分のエッジ際には、ダンプニングの効果を齎すような
パーツが取り付けられています。
これにより、よりスムーズなライディングが可能となるそうです!
これを、“スムーズライド”といいます!(そのままんジャン!)

こちらが、CUSTOM-X!
今シーズンにレイトで発売された、CUSTOM-X DCPモデルに採用されていた、
ストームをイメージしたグラフィックパターンとなっています!
ここ最近のカスタムXは、シンプルなグラフィックだっただけに、
かなり新鮮に感じます!
今日は、ココまでにしておきます!
ネタの小出しです!
ESTシステムとか、NEWビンディング、ブーツの機能については、また後日!
あ!最後に、ハードグッツに関しては、まだ試乗をしていないので
どうじても、グラフィック中心の話しになってしまっていますが、
何かの、参考にしてみて下さい!
投稿者:ESTのインパクトが強すぎて、出張初日の夜に夢の中で既に試乗していました! たかし

2 thoughts on “08 BURTON 展示会 IN 京都 レポ HG編 その1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。